就職情報誌Win_2023年8月号 デジタルパンフレット
70/192

ThemeThemeThemeHatama Akihiro畑間 彬宏シニア/GCR(法人向け総合税務サービス)部門 2015年入社加藤:大学在学中(9月)からインターンという形でEY税理士法人でのキャリアを開始し、卒業後(4月)に正社員になりました。入社当初からチームメンバーの手厚いサポートを受けながら実務に携わっています。ちょうど今日、先輩スタッフに確認していただいた調書には指摘事項がほぼなく、少しずつ自分の成長を実感できると同時に認めてもらえたことがとてもうれしかったですね。 畑間:入社以来、法人向け税務コンプライアンス業務およびコンサルティング業務を行ってきました。現在は税務申告書作成の自動化プロジェクトにも携わっています。EY税理士法人ではテクノロジーの領域を重視しているため、IT研修も充実しています。実務と研修両方の側面で学びながら、スキルアップが実感できています。 南部:日系・外資系企業向けに、税務コンプライアンス業務から、税務調査対応、税務アドバイザリー業務まで幅広い業務を行っています。EY税理士法人では多種多様な企業を担当することができ、クライアントにはグローバル企業も多数。税務を通して世界規模のプロジェクトと関われるのはワクワクしますし、やりがいにもつながっています。 加藤:「BIG4のファームはレベルが高い」と考えてしまうかもしれませんが、スタート時は誰もがわからないことだらけです。サポート体制が充実しているEY税理士法人は、どんなことも上司・先輩に気軽に相談できて安心です。実務が未経験でも安心して働くことができます。 畑間:尊敬できて目標にもなる税務のプロフェッショナルが常に身近にいる、成長意欲が刺激される職場です。手を挙げれば多様なプロジェクトに参加でき、自身の成長も実感できます。一緒に頑張っていきましょう。 南部:新しい環境にチャレンジするのは、勇気が必要だと思います。私自身がそうでした。でも、EY税理士法人には、やりたい仕事を実現できる〈人〉も〈環境〉も整っています。心配せずに飛び込んでください。私もしっかり受け止めます! Nambu Miki南部 美希シニア/GCR(法人向け総合税務サービス)部門 2018年入社加藤:畑間:南部:前職では仕事の比重が大きくなりがちだったので、コロナ禍前からリモートワークを導入しているEY税理士法人の環境は魅力的でした。現在はリモート&フルフレックスを組み合わせて働いています。フレックスを活用して夕方に趣味のヨガをして仕事に戻るなど、自由な働き方ができています。 68EY税理士法人で働くメンバーが考えるキャリアや働き方について、それぞれの立場から語ってもらいました。Kato Gaku加藤 岳スタッフ/GCR(法人向け総合税務サービス)部門 2022年入社リモートワークもできますが、対面で吸収したいことがたくさんありますので意識的に出社を選んでいます。休みの日はメンバーと一緒にランニングしたり、BBQに連れていってもらったりと楽しく過ごして、リフレッシュしています。 リモートワークをベースにしつつ、必要に応じて出社して業務を行っています。このワークスタイルを選んだのを機に、郊外へ引っ越しました。フルフレックス制度との併用で、オンとオフの切り替えがつきやすくなり、キャンプや釣りなどアウトドアの新たな趣味の時間を充実させることができました。 Work Life BalanceCareersWork with Us02EY税理士法人のワーク・ライフ・バランス01EY税理士法人で得られるキャリア03EY税理士法人を目指す人へEY Member Theme Talk

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る